ホーム
業務内容
古紙について
会社概要
営業所案内
お問い合わせ
環境方針

会社概要


"紙は文化のバロメーター"と言われた時代から、"紙のリサイクルは文明国家の証(あかし)"と言われる時代になりました。地球環境保全のために一人一人が考え、行動するときです。
輝かしい日本の未来と、美しい緑の地球のために、紙リサイクル、エコロジーのお手伝いをさせていただきます。


商号
 株式会社安田紙業
本社
 富山県高岡市戸出栄町20番地
創業
 1938年(昭和13年)
創立
 1995年(平成 7年)
代表者
 代表取締役社長 安田藤一朗
資本金
 5,000万円
決算期
 12月31日
事業内容
 古紙の仕入及び販売ならびに輸出業務
 再生紙管の製造及び販売
 紙製品の仕入及び販売
 質量の計量証明業務
 リサイクルに関するコンサルタント業務
取引銀行
 北陸銀行戸出支店
各種許可資格・認証
 
 産業廃棄物収集運搬業許可
   範囲:収集運搬(廃プラスチック類、紙くず、金属くず)

 
 産業廃棄物処分業許可
   範囲:中間処理(破砕・選別・圧縮・減容)
   種類:粉砕(紙くず)、選別(紙くず、金属くず)、
       圧縮・減容(廃プラスチック類、紙屑)

 
 一般廃棄物処分業許可
   種類:一般廃棄物処分業(紙管の資源化)

 
 廃棄物再生事業者登録
   許可番号:富山県 第16号

 
 計量証明業登録
   区分:質量に係る計量証明の事業
   登録番号:第310号(本社)、第2502号(能町)

 
 環境マネジメントシステムISO14001:2015
   認証番号:05567
   対象:本社、能町営業所、紙管工場
   許可範囲:古紙・紙管の収集、運搬及びリサイクル業
  
古紙主要仕入先
 
 主要印刷・紙器・段ボール工場
 大手スーパー・百貨店
 一般企業
 諸官公庁
 資源回収団体
 資源回収業者

古紙主要納入先
 
 日本製紙株式会社
 立山製紙株式会社
 レンゴー株式会社
 中川製紙株式会社
 王子エコマテリアル株式会社
 日本紙パルプ商事株式会社
 その他製紙会社・商社




    1938年(昭和13年)

安田龍吉が富山県高岡市戸出町に
製紙原料(稲藁)商として安田商店を創業

    1942年(昭和17年)

立山製紙株式会社様を皮切りに
製紙メーカー各社への納入を開始
    1948年(昭和23年) 安田喜太次郎が代表就任
    1957年(昭和32年)

安田喜代次が代表就任
扱い原料が稲藁から古紙へと替わる
    1978年(昭和53年) 現在の高岡市戸出栄町20番地に本社移転・ヤード新設
    1990年(平成 2年)

地元大手スーパーチェーンとの連携のもと
業界に先駆けて牛乳パックの回収を開始
    1995年(平成 7年) 株式会社安田紙業を設立(資本金1000万円)
    1999年(平成11年) 再生紙管の製造及び販売業務に参入
    2000年(平成12年)


北陸紙料株式会社を設立(資本金5000万円)
北陸地域での連携を強化
オフィス古紙の回収を開始
    2002年(平成14年)


粉砕機(大型シュレッダー)を導入し、機密処理へ参入
自社開発で古紙回収販売管理システムを導入
資本金3000万円に増資
    2004年(平成16年)

北陸三商株式会社を創立(資本金9800万円)
中部地域での連携を強化
    2006年(平成18年) 北陸地区古紙問屋に先駆けて環境マネジメントシステムISO14001認証取得
    2008年(平成20年)

創業70周年
資本金5000万に増資
高岡市米島440-1に、はじめての営業所となる能町営業所を開設。
富山県西部エリアの広域回収ネットワークを強化。
    2009年(平成21年) 新設した能町営業所のISO14001認証取得。
    2014年(平成26年) 安田藤一朗が代表就任


このページの先頭へ